ヘルペスの中でも特に感染しやすい口唇ヘルペスについて説明します

ヘルペス、というのはヘルペスウイルスのことを示す言葉で症状が出た際や病気の原因そのものを指し示している言葉ですね。
そして、このヘルペスは様々な種類と症状があるのですがその中でも特に有名な物と言えば口唇ヘルペスがありますね。
今回は、そんな口唇ヘルペスについてを紹介していきましょう。

口唇ヘルペスとは何か

 

口唇ヘルペス、というのはヘルペスウイルスの感染によって唇や口周り、口内にヘルペスができてしまうという症状のことを示します。
水ぶくれのような物が集まったできものができてしまい、痛みと痒みが続くという症状なのですが、特に口唇ヘルペスは口内炎などの原因にもなったりすることもあって、口内炎が頻繁にできてしまう人にとっては実は特に注意したいウイルス感染症なんです。
しかし、この口唇ヘルペスというのは一度かかってしまうと治ってもまた何度も何度も再発してしまうという特徴があるのですがそんなに感染力が強い病気なのかというとそういうことではないんですね。

口唇ヘルペスが何度もできてしまい、あの嫌な痛みのある口内炎が何度もできてしまうのはヘルペスウイルスの特性にあるんです。
ヘルペスウイルスというのは、実は非常に生存能力の高いウイルで症状が収まってもウイルス自体が完全に死滅してしまうわけではなく、人体の神経細胞のような小さな隙間に入り込んでひっそりと生存を続ける物なのです。
しかし、それほど強いウイルスではないので体が健康な時はウイルスがあってもその症状を発症することはないんです。
そこで、風邪を引いて体力が落ちてしまったりストレスで免疫が下がってしまうなど不調を起こした時にウイルスが増殖し始めて症状を出す、というわけなのです。

 

口唇ヘルペスはどうやって対策すればいいのか

 

口唇ヘルペスが一度できてしまい、ウイルス感染してしまった場合は抗ウイルス剤などを使っても、ヘルペスウイルスは完全に死滅させることができないのが殆どです。
つまり、ヘルペスウイルスというのは一度感染してしまうと完治することはかなり難しい、ということなんですね。

それほどに、生存能力が高いというのがヘルペスウイルスの特徴なのですが、幸いなことに口唇ヘルペスというのはウイルスに感染していても必ず症状が出るというわけではない特徴もあります。
なので、口唇ヘルペスに感染してしまった場合大事なのはいかに治すかということではなく如何に治ったあとで再発をさせないようにするかということなんですね。

口唇ヘルペスは出来ることによって熱が出たり咳が止まらなくなったりするなんてことはないのですが、食事をするたびに痛みや痒みでロクに食べることもできなくなってしまうなど確実に生活において不便さを持っているというところが大きなデメリットです。
なので、口唇ヘルペスという物はできないようにするに越したことはないんですね。

口唇ヘルペスができないようにするためには、生活基盤などをしっかりすることが一番なのですが、何より口唇ヘルペスと上手に付き合っていくことが大事なんです。

 

口唇ヘルペスと上手に付き合っていくには

 

それは、ウイルスが悪さをしないために体を健康に保つということです。
適度に栄養価のバランスが取れた食事をし、そしてしっかりと毎日睡眠を取るという生活サイクルベースを作り込むことが大事なんですね。
要は、健康的な生活をおくることを意識する、ということが大事なんです。